カードローンを減額される理由とは?利用中にカードローンの限度額が減る

・カードローンが減額される理由
いつも使っているカードローンが、ある日突然、ストップする。
そんなことが起こりえます。
カードローンが減額されてしまうと、それ以上の借り入れができなくなるのです。

カードローンが減額される理由はいくつかあります。
個人情報の変更などを通知していなかった場合や、金融機関からの連絡に応じなかった場合、また、総量規制に抵触しそうになった場合などです。

これはそれぞれ、カードローンの規約に書いていますので、いちど読んでみることをおすすめします。

・減額されないために気をつけるべきこと
カードローンをある日突然減額されないようにするには、まず、総量規制に気を配る必要があります。
つまり、収入の1/3以上の借り入れになる前に、借入をストップするなり、総額で収入の1/3以上にならないように、カードローンの枚数を制限するなどの行為が必要です。

また、個人情報の移動があった場合は、すみやかに金融機関に通知してください。
引っ越しした場合や、転職した場合なども、すぐさま連絡するようにしてください。

これを忘れていると、ある日突然、減額されて借入できなくなったりします。

・減額されてしまった場合の対処法
まず、減額の理由を知る必要があります。
カード会社では教えてもらえませんが、なんとなく上記から推測することもできるはずです。
減額された理由が、個人情報の移動を通知していなければ、連絡すればなんとかなります。
ただし、収入が変動している場合は、その新しい収入に対して1/3までの制限が働きますので、収入が減っている場合は、それ以上の借り入れは出来ないことがほとんどです。

増えている場合は、増枠される可能性もあります。
また、減額の理由が、信用力の低下にある場合は、信用を積み重ねる必要があります。

入金日に数日の遅れがあったりなどした場合、カードは即座に停止されなくとも、減額になって結果として利用停止になるケースがあります。

その場合は、コツコツと利用実績を積み重ねることで、挽回できます。

・減額された限度額を増額できるのかどうか
減額された理由によっては、一度減額されたカードローンも増額できます。
減額された理由が、収入の減少によるものだった場合、収入の高い職に転職することができれば、再びカードは増額して使うことができます。

増額の場合は、利用実績もものをいいますので、信用をコツコツと積み重ねて、借りたらきちんと返す習慣をつけていくと、増額される可能性がでてきます。