専業主婦は複数のカードローンを利用できる?2社目借入は可能?

専業主婦はカードローンを複数利用できる?

専業主婦の方が2社目のカードローン借入は「条件」により可能です。
「条件」というのは消費者金融や銀行が行う審査基準により借入が可能かどうかの審査を合格しなくてはなりません。
ただ各金融機関における審査基準の内容は公にさせていません。

ご本人による今までの経歴の信用性と審査基準を併せて判断されます。
よって各個人様々で2社目のローン審査に通過、又は落選の事例があります。

2社目の申込の手続きの前にやっておく事があります。
各ローン会社の公式ホームページにある「お試し診断」の利用です。

「お試し診断」とは借り入れが可能か否かを、データシステムが事前審査として判断をしてくれるものです。
これを申し込み前に行うことをおすすめします。

この診断は簡易審査と呼ばれ、個人情報である氏名や住所を提示する必要はありません。
お試し診断に入力する項目は、借入先の会社名・借入会社の件数・借り入れ 額などを打ち込んでいきます。
審査スピードは早く数分で終了します。

専業主婦がカードローンを複数申込みするとどうなる?

金融業界には「申し込みブラック」というリストが存在します。
このブラックリストに挙げられてしまう人は、短期間に連続して複数のカードローン社に借り入れの申込みを行うと「申し込みブラック」として認定されます。

いわゆる立て続けの多重申し込みという状態です。
これはローン会社側にとって「申込者は複数のローン会社に掛け合って、何か切羽詰まった危機下にあるのではないか?」という印象で怪しい不信感を抱きます。

ローン会社にとって他社への複数の申し込みは、後々に返済が困難になる確率が高いという判断材料になってしまいます。
それと同時に返済能力の信頼性に大きく欠けているという結論に至ります。

では実際にローンの申請は行ったが、結果審査に通らなかった場合を解説します。
申請を行うと各金融機関の情報共有データーベース(信用情報)に記録されます。

そこには申請をクリアした個人のローン内容が記録されると共に、「申請に落ちた場合」であっても記録として残こされます。
ここで重要なのは申請に一度落ちてしまうと、次に別のローン会社に申し込んでも申請が通りにくいという現実です。

ローン会社というのは審査を行う時、それまでの申込者が金融機関と交わした審査記録を元に履歴 データを参照します。

もしも一度、審査に落ちた経歴がある場合には前ローン会社の申請をクリアできなかった申込者と位置付けられ、また当時何らかの借り入れが不可能な事情のあった申込者であると判断されます。
キャッシングの審査が通らない理由
秋田銀行